« いじめ問題を解決するための手法を市議会一般質問で提案しました | トップページ | いじめ問題は学校ではなく外部機関の介入でゼロに!令和3年12月議会一般質問動画 »

2022年2月 1日 (火)

今の町田市政、物事の進め方について

地域の皆さんのお話を様々伺っていて感じたこと。
やはり今現在の町田市政は、進め方に大いに問題があります。

(仮称)国際工芸美術館の進め方もそうですし、図書館や学校の統廃合もそう。加えて、玉川学園8丁目の玉ちゃんバス南ルートの決め方についても、一部の人が話し合い決定し、議論の過程はほんの少しの広報で「伝えてます」と言い、地域住民が知らないうちに計画が進んで、知って驚いて計画を変えて欲しい、という頃には「今更遅い」というパターン。

行政的にはそのほうが進めやすいということなのかもしれませんが、本当に大事なのはそこに住む一人一人の声ではないでしょうか。

今の市政の進め方、共通しているこのやり方、おかしいと思います、ではありません。おかしいと確信しています。

市長選挙が近くなり、一部は動いたようです。そこはタイミングがよかったなと思います。
それは、(仮称)国際工芸美術館に関わるエレベーターの設置です。

新井は散々議会でこのことを取り上げてきました。地域住民の皆さんは、芹が谷公園から原町田に上がるのが大変だから、エレベーターを設置して欲しい、という要望だったのに、国際版画美術館の中を通るので自転車は使えない、という計画で、私が何度質問をしても「最適な計画」と答弁していたものです。

地域との話し合いで「エレベーターについては変更するかどうかについて検討する」と市長から答弁がありました。その後、本当に最近になって、「新たに別に自転車利用可能のエレベーターを造る」となりました。

私に言わせれば、最初から計画変更して、国際版画美術館とつなげずにシンプルな設計にしていれば、こうはならなかったのではないか、と、議会でも言い続けてきたことです。

32億円で「高い」と言われて予算を修正されたものが、美術館は28億5000万円だけど、他の整備を追加すると40億円を超える計画になり、さらに別にエレベーターを設置、いったいいくらかかるんでしょう?

最初の時点で「間違った進め方」をしたから、地域住民から多くの意見が出て、時間も労力もかけて追加で整備。

この施策の進め方を変えていくために、私は引き続き行動を続けてまいります。

|

« いじめ問題を解決するための手法を市議会一般質問で提案しました | トップページ | いじめ問題は学校ではなく外部機関の介入でゼロに!令和3年12月議会一般質問動画 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いじめ問題を解決するための手法を市議会一般質問で提案しました | トップページ | いじめ問題は学校ではなく外部機関の介入でゼロに!令和3年12月議会一般質問動画 »