« 令和2年を振り返って | トップページ | (仮称)国際工芸美術館整備予算に対する付帯決議に賛成討論をしました。 »

2021年3月27日 (土)

(仮称)国際工芸美術館 議会での質問内容について

令和3年3月18日、町田市議会第1回定例会にて
(仮称)国際工芸美術館について一般質問を行いました。

芹が谷公園と原町田を結ぶエレベーター、生活道路が
何度も曲がり、自動扉も多く不便であること、

文化庁からも異論が出ていること、

費用を縮減した、と言いながら
工事に関係するであろう予算を別の部で支出したり
関連する予算を整備とは関係ないと言い張り
結局高い整備費になっていること、

高い資材を使う予定でその理由も曖昧なこと、

設計契約を行った会社も
「今の案では費用がかかりすぎる」と言っていたこと、

市民から意見を聞いた、と言っているが
一番異論が出る案は出さずに意見募集を行ったこと、
その案を出した後は参加者を限定せずに開催していないこと、

プロポーザルで資料として出されたものを
作成した人がいる業者を市が募集時に外さなかったこと、

入札や契約に関わる法律にある
「入札に参加しようとし、
 又は契約の相手方になろうとする者の間の
 公正な競争が促進」されていないこと、
よって法律違反であるということ、

なので、(仮称)国際工芸美術館整備計画は
見直すべきであること

を主張しました。

議会で質問をして、その内容に反応がある事自体、
なかなかないことで、来ると本当に嬉しいです。

今回の(仮称)国際工芸美術館に関する質問は、
直接電話をいただいたりメールをいただいたり
SNSでお褒めの言葉をいただいたり。
それが本当に励みになります。とても嬉しいです。
やってよかったと思えます。ありがとうございます。

電話のうちの一つは、私が質問で取り上げた方で、
捉え方によっては質問で批判したと捉えられても
おかしくない方でした。
着信があったときには、お叱りを受けるものだと
思っていました。

お話すると
「よくやってくれた、これからも頑張ってくれ」と。
こういう方がまちにいらっしゃることが
本当に嬉しいです。
心から尊敬する先輩でもあります。
お電話、本当にありがとうございました。

その質問はこちらからご覧いただけます。
ぜひご感想をお聞かせください。
http://gikaichukei-machida.jp/TBWN6wc10hlk

↑ 写真は議会でも提示した対案です。

今現在の計画はこちらです。 ↓




|

« 令和2年を振り返って | トップページ | (仮称)国際工芸美術館整備予算に対する付帯決議に賛成討論をしました。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 令和2年を振り返って | トップページ | (仮称)国際工芸美術館整備予算に対する付帯決議に賛成討論をしました。 »