« 一般質問が終わりました | トップページ | 町田市議会第2回定例会が閉会しました »

2019年6月17日 (月)

6月議会一般質問、道路族部分の要旨です

1.道路族について

昨年の第2回定例会で取り上げた「道路族問題」の質問から1年が経過し、現状を確認するものです。市に寄せられた相談件数、どのような内容か、どのような対応をしたか。

 

<答弁>

昨年の質問以降、市に寄せられた相談は7件。

内容は、行き止まりの道路等、通行の少ない場所で子どもたちがボール遊びや落書き等をして遊んでいる、というものが多く寄せられた。保護者も含めて夜間に道路上でバーベキューをしている、という事案も。これらの相談を受け、市は該当箇所周辺のパトロールを強化している。また、寄せられた情報を教育委員会へ提供し、学校を経由した注意喚起を依頼している。

 

<再質問1>

道路族問題を取り上げた以降、道路部と教育委員会がそれぞれ対応しているが、対応した感想は。

 

<答弁:道路部長>

道路管理者としては、現在までのところ、パトロール時に道路で遊んでいる現場は確認できていない状況。引き続きパトロールを行い、道路法や道路交通法で禁止されている交通の支障となる行為が確認された場合は、その場で是正指導を行う。今後も、教育委員会や警察と連携し、対応していく。

 

<答弁:教育委員会>

学校では、定期的に「道路で遊ばないことの通知」を発出し、児童・生徒への指導とともに、保護者に向けて、交通安全指導に対する協力を依頼している。教育委員会では、道路管理者とともに市内の巡視等を行っている。実際に道路で遊んでいる現場には中々遭遇できないが、子どもがいた場合は、その場で指導を行うようにしている。学校と教育委員会でそれぞれ対応を行っているが、根本的な解決に結びつくまでには至っていない。引き続き、学校と道路管理者と連携して対応していく。

 

<再質問2>

本日参考資料として出している、文部科学省の通知や警視庁のホームページを受けて、「道路族問題」をどう捉えたか?

 

<答弁:教育委員会>

教育委員会では、1966年に発出された文部科学省の通知とともに、毎年発出されている警視庁の通知文に基づき、児童・生徒への指導はもとより、保護者会等を通じて、交通安全指導に対する協力依頼をするよう、引き続き周知していく。

 <再質問3>警察からは毎年通知がでていることが明らかになりました。道路部の対応、教育委員会の対応も大変素晴らしく、この道路族問題に向き合って動いていただいていることに感謝を申し上げます。教育委員会としても学校を通して通知を何度も出しているようですが、それでもこの問題がなくならないことをどう捉えていますでしょうか。

 

<答弁:教育委員会>

学校では、以前から夏休み前などの長期休業前に、子どもの安全指導の一環で、休み中に、危険な遊びをしないよう例えば、道路であそばないことなどのお便りを出している。また、近隣の方から学校に対し、子どもの安全面のご意見を頂いた際は、学級活動の中で安全指導の時間を作ったり、改めて学校便りを通じて家庭での安全指導の協力を求めることを行っている。最近では、近隣の方から何度か子どもの安全面のご意見を頂く学校があり、都度対応している。今後も、なかなか解決に至らないとしても、子どもの安全を守るため学校との情報共有を密にし、道路管理者や警察と連携し、対応を続けていく。

 <再質問4>最後に、保護者も含めて夜間に道路上でバーベキューをしている、という事案があったという話がありました。どのような対応をされたのかお聞かせください。

 

<答弁:道路部>

道路上で交通の支障となる行為の相談があれば、現地を調査している。当該箇所については5回の現地調査を行っているが、現時点では交通の支障となる行為は確認できていない。特に夜間や休日となると市では対応が難しく、今まさに交通の支障となる行為をしている等の状況においては、交通管理者である警察に通報していただきたい。

 

<新井感想>

全国の道路族被害者の方へ、自治体に要望をする際にはぜひ町田の対応例をご活用いただきたい。行政は「前例」を大事にします。当該自治体には前例がないと思うので「東京の町田市ではこうやって対応しています!」ということを伝えられれば、その自治体も動くのではないか、という思いです。

|

« 一般質問が終わりました | トップページ | 町田市議会第2回定例会が閉会しました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一般質問が終わりました | トップページ | 町田市議会第2回定例会が閉会しました »