« 本日の「小学校給食と同じような中学校給食の実施を求める請願」に対する反対討論原稿 | トップページ | 町田市の中学校給食について »

2018年12月21日 (金)

平成30年第4回定例会議会報告(中学校給食を除く)

☆議案の対応について
<市長提案の議案、請願で新井が反対したもの>
・一般職員の給与、市長等の給与を上げる条例案
 以前からの主張と同じく、これから先の財政を考慮し、
東京都人事委員会勧告に従う必要はないという理由です。

・デイサービスの指定管理者の指定
 今現在、同一名称、同一代表者、同一所在地の
法人格が違う法人が運営している施設が、
来年4月から別法人に運営が切り替わるにあたり、
サービスが低下しているとの情報が入ったため、
議決を2月に伸ばすべきと考えておりましたが、
ここで議決となりましたので反対しました。

・小学校給食と同じような中学校給食の実施を求める請願
 この請願には反対討論行いました。
別の記事でその内容をお知らせいたします。

・体育館ほかの指定管理者の指定
 市内業者育成の観点と指定管理の選考方法にも疑問があり、
反対しました。

とかく地方議会は
「過半数の与党会派が全て賛成のシャンシャン議会」
と言われがちですが、町田は表決が結構わかれます。
今議会では自民党も表決結果がわかれる件もありました。
中学校給食の請願についても簡単にお伝えすると、
賛成6、反対28、退席1、賛成6のうち1名は
機器トラブル?の関係で
「本当は反対だったけれどもその意思表示ができなかった」
ことが補正予算可決後に意思表示されましたので、
実質は賛成5、反対29、退席1です。

私の討論の内容については、一つ前のブログをご覧ください。

☆一般質問について
今回は6項目を質問しました。
項目1 市の文化財保護について
町田市には、中世において鎌倉街道が通っており、
歴史上の人物がこの道を往来していたことにロマンを感じ、
鎌倉古道を史跡としてふさわしい文化財であると
考えている方も大変多くいらっしゃいます。

そういった歴史的資産を活用した、
広域連携によるまちづくりのプロジェクトも
動きだしつつある状況です。

世界遺産や日本遺産に選定された地域では
多くの観光客が来訪するきっかけになった事例もあります。

そこで、文化財保護審議会にて学術的価値だけではなく、
観光での活用などの視点を加えて
検討すべきと提案しました。

担当者からは、鎌倉古道は観光への寄与を含めて
検討して頂けるよう伝えると答弁がありました。

鎌倉古道については、七国山や華厳院坂についての
研究情報をどこまで収集できているか、
「上の原遺跡の鎌倉古道跡」については
どのようなことが審議されたかなど、
引き続き質問してまいります。

項目2は中学校給食についてですので、
こちらは中学校給食に特化した別の記事にてお知らせします。

項目3 スポーツ施設の広告とネーミングライツについて
お隣の八王子市民球場や
群馬県立敷島公園陸上競技場、正田醤油スタジアムを例に、
野津田陸上競技場や各種野球場は
施設整備や維持管理をする上でも、
企業広告やネーミングライツで広告料収入を得ることは
大変重要であると考え、
積極的に活用すべきと考えると提案しました。

担当者からは、陸上競技場は今年度中に募集条件や
選定基準等の取りまとめを予定すること、
他の運動施設も広告の活用を検討すると答弁がありました。

項目4 非強制徴収公債権と私債権の徴収一元化について
聞きなれない言葉かと思いますが、
本来払っていただくべきものが未納の時に、
市が徴収する権限を持たないものを、権限を持つ部署が
様々な手法を活用して徴収できないか、という提案で、
過去に一元化を求めたものの後追い質問です。
私はこれまで、無駄をなくしていくことで財源を生み出し、
よりよい市民サービスへと転化させていくべく様々提案し、
合計25億円以上のムダ削減と財源捻出を
実現してきました。

更に今回、広告料収入などの提案しておりますが、
この項目もその一環です。

副市長から、検討の結果効果があると判断したので、
実施に向けて動いていると答弁がありました。

その上で、課題について再質問をしました。
徴収するためには訴訟をしなければならないのですが、
50万円を超えると議会の議決が必要になります。

この一元化をいち早く進めている江戸川区などは
スムーズに執り行うために500万円以上と、
その上限額を引き上げています。その考え方を問いました。

担当者からは、これから実施方針を
策定する旨の答弁がありました。

金額をどうするかについては今後の推移を見守るとして、
その金額を変更する条例案は議会提案でなければ
ならない条例ですので、しかるべきタイミングで条例改正の
準備が必要になることが明らかになる質問となりました。

項目5 新しい「まちとも」について
平成20年6月議会にて、子育て支援施策として、
横浜市において主に学校の校庭などを活用した
子育て支援施策 はまっ子 を取り上げ、その後8月に
「子どもの居場所づくり懇話会地域会議」が立ち上げられ、
平成21年度から放課後に子供達が安心して過ごす
居場所をつくるため、主に小学校の校庭で外遊びができる
「まちとも」を全小学校で実施してきました。

校庭や学校内という安全な場所で子どもたちが遊べますし、
保護者も安心できるという意味では
本当に素晴らしい環境ができたと考えております。

そして平成29年度からは、地域の人材の積極的な活用や、
学校の学習支援などを取り入れ、
地域ぐるみで子どもを見守る「新しいまちとも」を
順次整備しています。
そこで、未実施校に早期導入を求める声もあるので、
その課題は何か質問しました。

担当者からは、各学校で安定的な運営するためには、
継続的に活動スタッフや協議会スタッフ等の人材を確保していくこと、
学校の規模や児童数によっては、余裕教室等の活動場所を確保が
課題であると答弁がありました。

再質問として、道路で自転車や
ブレイブボードを使って遊ぶ子ども達がいるけれども、
まちともではこうしたものを使って遊ぶことは
可能なのか確認しました。

担当者からは、ブレイブボード等については、
協議会でもおそらく用意しておらず、
仮に希望があっても校庭で子どもたちが
自由に遊んでいる中での遊びは衝突等の危険性や、
校庭は車輪のわだちがつきやすいこともあり、
施設管理の面からも、
まちともで使用することは難しいと答弁がありました。

私はこれまで、道路族問題を議会で取り上げてきました。
市内の広い範囲でブレイブボードや
キックボードで遊ぶ子がいます。

悲しい事故をなくすためにも、
こういう子たちが思いっきり遊べる場所を
広範囲に確保していき、
「遊び場があるのでそちらで行うよう」に誘導していくことで、
子どもも安全に遊べるし
地域の方たちも安心して暮らせる町田市が
創れると考えております。

この件は次回以降、またとりあげたいと思います。

また、まちともについては、
前倒しで実施することが簡単ではないことは、
私も十分認識していますが
市民の方からのニーズも強い事業ですので、
引き続きの検討をお願いし、この項目は終わりました。

項目6 町田一中建替えに伴う諸問題について
校庭で体育の授業ができないことや、
部活動で近隣施設を活用すべきと考え、
バスでの移動についての安全性確保と
近隣施設の活用について質問しました。

担当者からは、体育の授業はマイクロバスで
生徒の送迎を行い、バスの乗降は安全面に配慮し、
町田第一中学校と後田グラウンドのいずれも、
敷地内の駐車場で行うこと、
近隣施設の活用については、
部活動では後田グラウンド以外に、
町田第一小学校及び町田第四小学校のグラウンド、
町田市民球場、協和発酵キリン(株)のテニスコート、
教育センターグラウンドを利用し、来年7月からは
消防署跡地の仮称中町グラウンドも利用する予定で、
シバヒロについては予約の入っていない時間帯に
一部利用しているとのことでした。

また、各施設の利用時間は部活動の時間に合わせて
確保するよう調整していることが確認されました。

今回の質問では引き続き行うテーマもありましたが、
前向きな答弁も数多くもらうことができ、
新たに設定した自らのテーマである
「人を元気に、まちを元気に」に
更に1歩進んだのではないかと考えております。

最後に、建設常任委員会では
「街路灯・公園灯LED更新に伴う
 賃貸借契約の候補者決定」について質疑を。

以前の行政報告では「市内業者育成の観点から」という話が
ありましたが、市内業者の方たちからはあまりいい話が
聞こえてこなかったので
「市内業者育成がどの程度達成されると考えるか」聞きました。

これから市内業者がより多くかかわれるようにしていく旨の
答弁がありました。

近隣自治体も自由競争でやっているのであればいいのですが、
周辺自治体が地元業者育成、町田は自由競争では
町田が一人負けの構図になってしまいます。

町田市議会として、地元の産業振興をどうしていくのか、
超党派での動きもスタートいたしましたので、
これからしっかりと行動していきたいと思います。

|

« 本日の「小学校給食と同じような中学校給食の実施を求める請願」に対する反対討論原稿 | トップページ | 町田市の中学校給食について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成30年第4回定例会議会報告(中学校給食を除く):

« 本日の「小学校給食と同じような中学校給食の実施を求める請願」に対する反対討論原稿 | トップページ | 町田市の中学校給食について »