« 本日の一般質問報告 18才成人に伴う自治体の問題について | トップページ

2018年9月 3日 (月)

本日の一般質問報告 道路族問題について

本日の一般質問、道路族問題についての報告です。
まず教育委員会より、道路遊びの危険性について、
毎年警視庁から都教委宛に発出されている
通知文を活用し徹底、
各学校では交通安全指導の一環で、
道路への飛び出し、自転車の乗り方と、
道路で遊ばないよう指導をしていると確認しました。
また、今後は1966年に発出された
文部科学省の通知とともに、
毎年発出されている警視庁の通知文に基づき、
児童・生徒への指導はもとより、
保護者会等を通じて交通安全指導に対する
協力依頼をするよう、
学校に周知徹底していくと答弁をもらいました。
騒音問題についての質問は担当の環境資源部長より
「道路上で発せられる音に対し、都の環境確保条例の
『日常生活等に係る規制基準』を適用できるか」
東京都に照会し「適用することは馴染まない」
という回答であったことが明らかに。
7月に就任した都庁職員であった
新しい副市長にはご存知でなかった
「道路族」という言葉を認識していただき、
地域コミュニティで解決できない
「道路族」という問題があることも
校長会などで取り上げて欲しいと
教育委員会にお願いしました。
都の環境確保条例は騒音規制基準の見直しの中で
「子供及び子供とともにいる
 保育者が発する音については、
 適用しないこととする」というものがありましたが、
この部分が独り歩きしている印象でしたので、
その部分をその後、掘り下げて議論をしました。
規制基準の適用除外となるのは
「音の種類」と「場所」の2つで、
音は「子供及び子供と共にいる
保育者等が発する声など」ですが、
その場所は「子供の声等が発せられる施設等で、
子供が遊びを通じ健やかな成長を図るために
適用しないことが必要な場所」です。
具体的には保育所、幼稚園、認定こども園等、
児童館、児童遊園等の児童厚生施設、公園、
プレイパーク等であり、
道路は「見直しにおける
適用除外とする場所には含まれていない」ことを
明らかにしました。
136
136_2
写真にある「施設管理者等」は
道路だと誰なのかも確認しました。
答弁は、道路を管理している者又は
道路交通法を管轄する警察が
施設等管理者であるとのことでした。
「適用することは馴染まない」現状を変えるには、
やはり「#道路族」問題が知られることと考えます。
ぜひ地域コミュニティで解決できない
この「道路族」問題を広げてください。
よろしくお願いいたします。

|

« 本日の一般質問報告 18才成人に伴う自治体の問題について | トップページ

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

Hello.

Downloads music club Dj's, mp3 private server.
https://0daymusic.org


Deep-House, Nu-Disco, Hardstyle, Hardcore, Jumpstyle,
Electronic, Alternative, Alternative Rock, Ambient,
Avantgarde, Ballad, Bass, Beat, Black Metal,Blues,
Classical, Chanson, Country, Dance Hall, Death Metal,
Folk-Rock, Funk, Gangsta Rap, Gothic Rock,Hard Rock

Best Regards,
Robert

投稿: GaiverMains | 2018年9月 5日 (水) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542306/67127958

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の一般質問報告 道路族問題について:

« 本日の一般質問報告 18才成人に伴う自治体の問題について | トップページ