« 私のyoutubeチャンネルで一番見られている動画 | トップページ | 本日より町田市議会議員選挙が始まりました。 »

2018年2月 7日 (水)

中学校給食に、そしてその財源に関して

中学校給食、100%給食をという話があります。
23区では100%給食が実施されている、
町田もそうするべきである、と。

確かに温かい給食を全員に提供できれば
それはいいと思います。

大切なのは、それがすぐにできるのかどうか。

町田市は中学校の校舎に給食室を
造ってきませんでした。

100%給食を実施するには
200億円近くかかる大プロジェクトになります。

今現在の財政状況では
なかなか難しいと私は考えています。

生徒、保護者、教員のアンケートの結果からも
私は今現在の方式を、より便利にすることで
まずは「不便」の解消を図りつつ
今後の計画を立てていくことが
最も現実的であると考えています。

理想だけ語るのは簡単です。
それができるかどうか、について
何も示さないのは「無責任」だと考えます。

実際、常任委員会の中で
100%給食を求めている議員に対し
その財源はどうするのか質問しました。

「それは市長が考えること」
「できなければ変わってもらうしかない」
「5年間で公共事業に200億投じる計画もある」
という答えが返ってきました。

これを聞く限り、200億の公共事業がムダで
それをやめればできる、というように聞こえたので
私は「ではその200億のどれがムダなんですか?」
と聞きました。

「それはここで議論することではない」
「決着は選挙でつけましょう」
と明確に答えを出しませんでした。

財源を示さない姿勢に納得がいかなかったので
具体的に何が無駄なのかとさらに追及すると
「南町田の開発と4つの森構想が200億だ」と。

南町田を反対しているのは知っておりました。
しかしそれだけでは46億です。

「では4つの森も反対なんですね?
 それを明確にしていただかないと」と問うと
「実際に答える必要のない質問だと思うけれども
 市長がよく考えていただきたい」とはぐらかし
結局、明確にその財源を答えることは
ありませんでした。

この詳細はyoutube新井よしなおチャンネルから
ご覧いただくことができます。

夢物語を掲げ、それを争点に批判をするだけで
結局具体的な財源を示さない、
そんな無責任な政治を私は許すことができません。

予算に反対しておきながら
できたものを「私たちがやりました」という
詐欺まがいの政治にも飽き飽きしています。

新井よしなおは、現時点でのベストな選択から
将来に向けた財源づくりを提案しています。

高齢者福祉も、子育て支援も、医療・介護も、
様々な市民サービスには財源が必要です。

財源を示さない無責任な政治にNO!
財政構造改革を行い、持続して発展する町田へ!

しっかりと訴え、活動を続けてまいります。

|

« 私のyoutubeチャンネルで一番見られている動画 | トップページ | 本日より町田市議会議員選挙が始まりました。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542306/66369410

この記事へのトラックバック一覧です: 中学校給食に、そしてその財源に関して:

« 私のyoutubeチャンネルで一番見られている動画 | トップページ | 本日より町田市議会議員選挙が始まりました。 »