« 野々村元県議から始まった政務活動費問題について | トップページ | 政務活動費の問題・地方議員について その3 »

2014年8月11日 (月)

政務活動費の問題・地方議員について その2

今回は政務活動費の使途についてです。

前回もベースとなった番組内では
兵庫県議会と同じ政務活動費の額である
50万円をハリセンボン(お笑い)の2人と
林修氏がその使い道を考えるという企画が
ありました。

ハリセンボン春菜県議会議員は
「食の安全」をテーマにするべく
ハイヤーを人件費で借りて
料亭で外食などを行い
調査研究費で落とすというものでした。

それに対して岸氏のコメントは
「ハイヤーは人件費で〇、
 飲み食いが調査研究費とか、
 会議費でもいけますので料亭での飲食は○。
 実際では調査研究費で食事をする場合、
 一人いくらまでとか
 制限はあり得るんですけども、
 ある程度は出るはずです。」

町田市議会の場合、飲食は
活動費として認められていません。
会議場を借りる費用を頭割りする
会議費なら支出できますが
飲食を伴う出費に関しては
支出できないルールになっています。

他の区市町村議会ではどうなのか
そこまでの調査は行っていませんが
他の所も飲食は支出できるのでしょうか?

林修県議会議員は以下の通りでした。
事務所費 12万
調査研究費 8万
会議費   4万
資料購入費 3万
人件費  20万
資料作成費 3万

場所大事ですから、
西宮北口から徒歩2分の3LDKで12万、
調査研究費は各自治体の制度で
勉強に行かなくてはいけないという事で、
特に東京の制度を学ぶために
往復で3万ちょっとかかると考えて8万。
色々な人の意見を聞きながら
食事をして会議費の名目で落として、
そして地方自治の勉強をしなくては
いけない訳ですから、資料購入3万。
意外と月3万では中々買えないですよね。

これに対して岸さんは
「これならば完全に通る」と。

食事をして会議費の名目で落とせることを
完全に通る、というのは
町田市議会では通用しないものだなと
率直に感じました。

それ以外にも、町田市は月額6万ですから
事務所費なんて当然支出できませんし
県議会議員との差は歴然ですね。

そしてこの政務活動費のチェックは
誰がするのか、と林修氏が質問をしました。

その後のやり取りは以下の感じです。

林:政務活動費の最終チェックは誰が?
岸:議会の事務方がチェックするくらいです。
林:議会の事務方は議員に意見を言えるんですか?
岸:基本的には地方の公務員、強くは言えません。
  昔は領収書どころかレシートも要らなかった。
  レシートが必要になったら、今度は
  金券ショップを使った事実上の
  マネーロンダリングが未だに行われたりします。
  例えば、切手や図書カードを買う、
  領収書をもらう、買ったものを換金する。
  それ以外にも、大学院の学費を
  政務活動費から払っていた例もあります。

・・・。

正直、驚きです。
こんなことをしているから
地方議会は信用されないし、
税金の無駄使いだと言われるのだと感じます。

誰のために、何のために議員をやっているのか。
それを忘れてしまったどころか
そもそもそれすら存在していないのではないかと
思うくらい驚きでした。

自分が所属をする町田市議会は
先輩方が築き上げてきた素晴らしい文化があり
飲食の経費計上は当然認められませんし
領収書の原本を添付、全て市民に公開です。

初当選の頃からそれが当たり前だと
思って活動を続けてきたので
今、こういったニュースが取り上げられることが
本当に不思議でなりません。

全ては自浄作用なのかもしれませんが。

議員になって23区のとある区議会の議員と
話をした時のことを思い出しました。

「うちの議会、視察の時に
 グリーン車を使うの、止めたんだ。
 議会改革って、必要だよね。」
 
・・・、え!?

そもそもグリーン車ではなかったので
23区は凄いな、と思っていました。
もちろん、それを変えた議員も
素晴しいと思います。

視察についてはまた改めて書きますが
「何を学ぶか」よりも「どこに行くか」が
大事な議会もあるようですね。

ということで、次回は「視察」について
お伝えしたいと思います。

|

« 野々村元県議から始まった政務活動費問題について | トップページ | 政務活動費の問題・地方議員について その3 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542306/60131404

この記事へのトラックバック一覧です: 政務活動費の問題・地方議員について その2:

« 野々村元県議から始まった政務活動費問題について | トップページ | 政務活動費の問題・地方議員について その3 »