« ダウン | トップページ | 一般質問 »

2011年2月15日 (火)

小沢一郎氏への党の処分について

小沢元代表、党員資格停止という処分。
民主党が決めたこの内容、
所詮は人が決めること、という感想を持ちました。

党の処分は重い順から
除籍、離党勧告、党員資格停止。

党の代表までやったから、でしょうか。

私と戸塚正人議員に対して
それより重い離党勧告の内容証明が送られてきてから
まもなく2年が経とうとしています。

これまで議会で議論をしてきて
全国で医師不足の中、病院改革は急務と主張してきたのに
いろいろな理由をつけて病院改革の足を引っ張ろうとし
それに反対したことでの離党勧告。

今の市長が気に食わないから、という理由で
市民の命を守る病院を政争の道具にするなど
私は許されることではない、といい続けましたが
支部の総会に呼ばれることもなく
ずっと放置され続けていました。

知らぬ間にその離党勧告も取り下げていたと
新聞社からの取材で私は知りました。

説明責任を果たせない政党にいる意味はない。

政権を取ったばかりで
まだまだ勢いのある当時の民主党に対して
2010年1月、私は離党届を提出。

その離党届も棚上げにされ、
選挙時に別の党から推薦をもらったという理由で
自動的に離党、となったようです。

今、新聞でよく見る記事は
「統一地方選挙で民主党公認を辞退する候補者続出」というもの。

「君は先見の明があったね」
「政権をとってからの離党第1号じゃない?」と
今になっては声をかけていただきますが
あの当時は「なぜ離党するんだ、やめておけ」と
言われていたことを思い出します。

今回、ニュースになっているこの処分を見ても
やはり私は自分が離党したという判断は
間違っていないと感じています。

所詮は人が決めるもの。
しかし、政治は人によって左右されず
法によって運営されるべきである。

私は、かく信じる。

|

« ダウン | トップページ | 一般質問 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

なにげなく批判を書くのはやめた方がいいよ。
読んでいて気分よくない。
これからこうする!ということをしっかりかけばいいんだよ。
初当選の時の態度と今の態度がそれを物語っている。
初心に戻って市民のために。

投稿: 法政OB | 2011年3月15日 (火) 17時51分

>しかし、政治は人によって左右されず法によって運営されるべきである。

おっしゃる通り、応援してます!

投稿: カン | 2011年3月20日 (日) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542306/50874328

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎氏への党の処分について:

« ダウン | トップページ | 一般質問 »