« 都議会議員選挙 | トップページ | 下山バークパークを視察 »

2009年7月14日 (火)

改正臓器移植法について

国内で臓器移植ができるようになることを
評価しない人はいないでしょう。
脳死であっても、親の同意がなければ移植ができないのであれば
ポイントとなるのは、「脳死=人の死」と
法律で認められたかどうかかと思います。

===以下A案本文===

臓器の移植に関する法律(平成九年法律第百四号)の
一部を次のように改正する。

第六条第一項を次のように改める。
医師は、次の各号のいずれかに該当する場合には、
移植術に使用されるための臓器を、
死体(脳死した者の身体を含む。以下同じ。)から
摘出することができる。

===ここまで===

「脳死した者の身体」は「死体」のあとに(を含む)、で括られてます。
この文面を見る限りでは、取り方はわかれるのではないかと思いますが
説明では「脳死=人の死」と取られる説明があったようで
脳死状態のお子さんを持つ親としては、
人の死と認めるわけにはいかない
という話が出てくるのも仕方がないかと。

別な表現はなかったのでしょうか。
「親の同意が認められた場合、脳死の場合でも移植を可能にする」と
表現できなかったのでしょうか。

海外で認められている国は、
どのような法律になっているのかわからないですが、
日本において移植を可能にするこの法案について
論点がずれてしまっているのは、大変残念に感じました。

ここまで書いて一度アップしましたが、
丁度ニュースでこの問題を取り上げていましたので追記を。

子を持つ親に「あなたのお子さんが脳死になったら臓器提供するか」と
インタビューをしていました。

結果は「脳死は人の死と認めず、うちの子は生きていると思うのではないか」
という方が多かった、というものでした。

この報道の仕方では、「脳死=臓器提供の対象」と
視聴者は誤解するのではないでしょうか。

私は「脳死した子の臓器はその親の同意があれば、
提供の対象」と認識しているのですが、
間違っているのでしょうか??

間違っていたら、ご指摘頂ければ幸いです。

インタビューにあった「親が認めるか認めないか」は
まさしく価値観の違いであり
質問の仕方によって、
結果が違うことも考えられるのではないでしょうか。

脳死しても成長している、だから死とは認めない
という方もいらっしゃれば、
脳死して延命すること自体に疑問を持ち、
我が子の臓器が提供を待つ子に移植されれば
誰かの中で我が子は生きている、と感じる方も
いらっしゃるかもしれない。

提供に理解をする親がいれば
移植を待つ子供たちを救うことができるかもしれません。

私が懸念するのは、
手術に100%はない、ということです。
メディアが取り上げるべきは、ここではないかと思います。

脳死した子を持つ親が、臓器提供に同意し
移植手術が行われたけれども、手術の甲斐なく
患者さんが亡くなられた場合、
提供側も浮かばれなくなる。

医師にその負担を負わせるのか、
保障はどうするのか、
なければ、移植手術をする医師自体が
出てこないことも考えられるのではないかなど、
どのように議論され、法律がどうなったのか
そういう報道がないのは何故なのでしょう?

医師が不足していて、急患の「受け入れ不能」な状態を
「受け入れ拒否」と報道するメディアにそれを求めるのは
土台無理な話なのでしょうか。

|

« 都議会議員選挙 | トップページ | 下山バークパークを視察 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/542306/45627848

この記事へのトラックバック一覧です: 改正臓器移植法について:

« 都議会議員選挙 | トップページ | 下山バークパークを視察 »