2018年1月16日 (火)

この財政状況で給与の引き上げは妥当なのか

職員給与引き上げ並びに
市長等の給与引き上げの条例について

昨年の12月議会で提案された
職員の給与引き上げ、
退職金引き下げの条例案と
市長等の給与引き上げ、
退職金引き下げの条例案です。

東京都の人事委員会勧告に合わせて
町田市も引き上げ等行う形で
提案をされたものですが
行政側の論理はともかくとして
提案された条例を議決するのは誰か。

市民から付託された議会です。

「東京都人事委員会勧告」に
従うべきという主張があるのかも
しれませんけれども
議員はそこに縛られません。

それぞれの判断でいいはずです。

私が所属する無所属4人の会派
町田市議会保守連合は
これまで一致してこの手の条例に
反対をしてまいりました。

同じ行動をしているのは
日本維新の会の1名のみ。

共産党は市長の引き上げだけ反対、
職員の給与引き上げには賛成でした。

これから町田市は
本当に厳しい時代に入っていきます。

高度成長期に建てた
公共施設の建替えによって
今後5年間の財政見通しは
77億円の収支不足と
議員はわかっているはずです。

しかし、残念ながら職員の給与の
引き上げ条例は可決され
市長等の給与引き上げを止める
新井が提案した条例の修正案は
否決されました。

市議会は議員定数の削減や
給与の日割り計算制度の導入、
ボーナスのカットなど
議会内での改革は行ってきました。

町田市の今後の財政見通しが
わかっている状況の中で
なぜ職員の給与は聖域なのでしょうか。

大変残念なことですが、
これが町田市議会の現状です。

町田市の財政をこれからどうするのか。

私はその具体的な案を
代表質問や一般質問で提案し
持続して発展する町田をつくるべく
行動してきました。

生産年齢人口が減ることが
現時点でわかっているのであれば
その生産年齢人口が更に流入し
定住する政策を提案して
実現することこそ
「町田市」の議会議員の仕事では
ないのでしょうか。

その方策については代表質問や
一般質問で行ってきて
今現在、進んでいる内容なので
改めてご紹介したいと思いますが
まず皆様にご判断いただきたいのは
「このまちの財政」を考え
行動できている議員が
どれだけいるのか、ということです。

地元のため、支援者のため、
高齢者福祉を充実させる、
子育て支援を充実させる、
スポーツを通じたまちづくりを
などなど、すすめていくためには
財源が必要なんです。

そこに無責任な議会で
本当にいいのでしょうか?

これから公共施設の建替え再編で
77億円の収支不足とわかっていて
職員の給与は値上げする?

やはり私には理解できません。

動画は市長等の修正案のみですので
共産党も賛成側に入っておりますが
職員給与をの引き上げも含めて
反対の意思表明をしたのは
私が所属する保守連合会派の
新井、大西宣也議員、白川哲也議員と
日本維新の会の4名だけです。

本来であれば同じ会派所属の
吉田つとむ議員も含まれるはずですが
議長であるため採決に加わらないので
この4名となっております。

ぜひこの現状を広げていただき
町田市議会の現状をお伝えいただきたいと
皆様にお願い申し上げます。

新井が提案した条例の議会での流れは
こちらのリンクからご覧ください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

中学校給食 財源についての議員間討議

町田市の中学校給食は
弁当外注併用方式です。
市議会ではこの方式の継続発展側と
23区のように100%給食を求める側で
議論がわかれました。

喫食率が15%と低い水準ですが
私は改善案を提案しています。
最小の経費で最大の効果を。
地方自治法第2条14項です。

まず100%給食には今の中学校に
必要施設の増築が必要であり
その分の財源がかなりの額になります。

昨年12月議会にて中学校給食に関し
100%給食を求める請願が出ました。
その財源をどうするか聞きましたが
請願者は「私たちにはわからない」と
お答えになられていました。

対して議員はどうか。
100%給食を求めていた議員からは
「財源の話もありましたが
 それはそれで置いておいて
 みんなで知恵を絞ろう」で
終わってしまっていました。

町田市は公共施設の老朽化で
建替え、再編の時期に入ります。
今後5年間の財政見通しは
77億円の収支不足とわかっています。

その状況下で「財源は置いといて」は
ないだろうと思い、常任委員会の
議員間討議にて財源問題について
100%給食を求める議員と
私、新井とで議論をしました。

その様子をこちらの動画から
ご覧いただけますので
ぜひご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 6日 (土)

平成30年、新年の活動

Image_2651f26

平成30年、正月三が日は
駅頭に立っておりました。

元日が町田駅バスターミナルデッキ上、
2日は玉川学園前駅南口、
3日は成瀬駅北口でした。

活動報告も合計1000枚近く
受け取っていただけました。
やってきた活動に自信はありますので
知っていただけることは
本当にありがたいですが
贅沢を言えば感想をお聞きしたいですね。

4日は朝夕玉川学園前駅北口、
5日は朝のみ玉川学園前駅南口に立ち
夜は町田商工会議所の
賀詞交換会に出席しました。

駅頭に立っている時にも
何人かに声をかけられ
商工会議所の賀詞交換会でも
同じことを言われたのですが
「新井君は大丈夫でしょ」
と、何人かの方に言われました。

「いつもトップだから」と
言っていただくのですが
やはり過去のイメージが残っていて
今現在はそうではないことが
なかなか伝わっていないと
実感を致しました。

Photo

危機感をしっかりと伝えつつも
何より大切なのは新井がこれまで
何をしてきたかということと
これから何をしたいのかということ。

いい活動報告が完成しましたので
一人でも多くの方にお届けできるよう
引き続き頑張ってまいります。

本日、第1回目の会議を開催しました。
お手伝いいただける中心となる方たちと
現状の共有と課題の整理を行いましたが
課題が多すぎで今日は解散しました。

もっと人が集まってくる事務所にして
物事が動いていくようにしないと
かなり厳しいということを再認識。

多くの方にご協力いただかなければ
活動は広がっていきません。
一人でできることは限られています。

広げていくためにも
ぜひ皆様のお力をお貸しください。

よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月30日 (土)

平成29年の振り返りと平成30年正月駅頭

25398941_1588015621264131_9031933_2

本年もあと1日と少しとなりました。
4期目の議会も12月22日に終わり
今は活動報告の作成や事務所の設営など
ひたすら準備に追われる毎日です。

今年はいろいろあった1年でした。

4月に母が他界しました。
平成14年の年末にガンとわかり
町田市民病院に入院した時は
5年生きる可能性は14%以下と言われ
そこから15年、よく頑張りました。

それでも65才は若いです。
母は6人兄弟の末っ子でしたが
一番早く天へと旅立ちました。

元々、地域での知り合いも多く
私の今の仕事、最初の挑戦から
最も身近で一番応援してくれていたのは
やはり母でした。

来年の2月25日には町田市長
町田市議会議員選挙選挙が行われます。

天で見守ってくれている母に
いい報告ができるように
しっかりと頑張りたいと思います。


都政では都民ファーストの会の躍進、
その後の衆議院議員選挙では
ファーストペンギン2名の離党の直後
希望の党の支持率は急落し
政権与党が勝利するという結果に。

私は希望の塾に通っておりましたが
今は離党した上田令子議員、
音喜多駿議員と共に活動をしています。


町田市議会では市立小学校にて
陰山メソッドの導入に向けての質問を
本予算の代表質疑からスタートし
その後3回の議会で一般質問を行い
教育委員会、学校の管理職、
学力担当の教員による陰山メソッドを
実践している福岡県飯塚市の
2つの小学校の視察が実現。

飯塚小学校は全国標準学力調査の結果
4年間で+6.3という
驚異的な結果を出しております。
http://www.city-iizuka.ed.jp/iizuka/index.php?u=newsdesc&e=51

陰山先生からも町田での実践導入に
ぜひ関わらせてください、という
とてもありがたいお話をいただき
年末に直接お会いして打合せを。

この流れを止めないためにも
引き続き仕事ができる立場に
ならなければなりません。

他にも小学校英語教育での課題、
中学校給食の課題についても質問。
どちらもいい成果がでそうなので
こちらも引き続き仕事をしたいと
考えております。

特に中学校給食については
日本共産党の議員との議員間討議が
大変白熱したものとなり
その動画は改めて皆さんに
見ていただきたいと思っています。


私の成果以外には、悲しいことも、
12月定例会最終日に、療養されていた
元議長である公明党の上野孝典議員が
57才の若さで他界されました。

同期当選であり、大変な政策通で
党派を超えて語り合った議員でした。
いまだに信じることができません。
心より、お悔やみ申し上げます。


平成30年は私にとっても
新たな挑戦になる年です。

これまで4期16年務めてきた仕事を
更に発展させるためにも
これまでしてきたこと、そして
これからしていきたいことを
多くの方に伝えていきます。

まずは正月3が日、駅頭に。
時間と場所は以下の通りです。

1月1日13時~18時
町田駅バスターミナルデッキ上

1月2日10時~18時
玉川学園前駅南口

1月3日10時~18時
成瀬駅北口

全日共に活動報告の配布の
お手伝いいただける方を
募集しております。
たった一人でやっているので
激励も大歓迎です!

これ以降も朝夕の駅頭、
活動報告のポスティング、
ポスター貼りなど
お手伝いいただける方を
探しております。

新井までご連絡いただくか
森野1-32-13-新光森野ビル2階の
新井よしなお事務所まで
お気軽にお越しいただければ
ありがたいです。

それ以外にも、私のこれまでの
活動内容、これからやりたいことを
シェア、拡散していただき
一人でも多くの町田市民の方に
届けていただけると助かります。

内容はブログ、Facebookページ、
Twitterで発信していきます。

Facebookページの「いいね」、
ツイッターのフォロー、
いいね、リツイートしていただけると
大変ありがたいです。
https://twitter.com/Y_Arai_Machida
よろしくお願いいたします。


これまでお世話になった全ての皆様に、
心からの感謝を申し上げます。
よいお年をお迎えください。

新井よしなお 拝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

新井提案の修正案は否決 4期目最後の定例会が閉会

Photo
町田市議会平成29年第4回定例会が

本日閉会いたしました。

 

7つの項目を取り上げた一般質問、

常任委員会では中学校給食の

あり方の議論を深められたことや

いじめ事件について、玉川学園の

コミュニティセンターのデッキについて

しっかりと自分の主張をしてきたこと、

また市長等の給与に関する条例の

修正案を提案し、登壇するなど、

4期目最後の議会は

とても充実した内容でありました。

 

4期目最後の登壇となった

条例の修正案の提案ですが、

今回、東京都人事委員会の勧告を基に

4つの条例案が追加上程されました。

 

一つ目は職員のボーナス引き上げ、

二つ目は職員の退職手当引き下げ、

三つめは市長等のボーナス引き上げと

退職手当の引き下げを行うもの、

四つ目は病院事業管理者の退職手当を

引き下げるものです。

 

1,2,4については引き上げのみ、

引き下げのみというわかりやすい

条例になっていましたが、

3だけ引き上げと引き下げが

1つの条例に入っていたため

引き上げる部分だけを削除し

退職手当の引き下げのみという

条例の修正案を提案しました。

 

結果は私の会派である

町田市議会保守連合の3名、

(新井克尚、大西宣也、白川哲也)

日本維新の会1名、共産党4名の

合計8名が賛成でしたが

自民、公明、民進、元民進、社民、

生活者ネットの計24名は反対でした。

 

提案理由の説明では

これまで議会は定数を4削減し

報酬も日割り計算に変更したことや

議員報酬の削減も行ってきたこと、

今後町田市は公共施設の建て替えで

明らかに収支不足に陥ることが

わかっているわけです。

 

そういった財政状況の中で

ボーナスの引き上げには反対だと

提案いたしましたが

賛同が得られず大変残念です。

 

このこともこれから2月に向けて

しっかりと市民の皆様に

お伝えしていこうと思います。

 

皆様にはぜひシェア、拡散を

していただきますように

お願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月14日 (木)

町田の中学校給食について

昨日の常任委員会請願審議より、中学校給食について。
町田は今現在、弁当併用外注方式です。
財政力の豊かな23区以外に、三多摩26市中20市が100%給食を行っています。
町田市の公立中学校は1校が小中一貫校で隣り合っているため、そこは小学校の給食室でつくられた給食ですが、他の中学校には調理できるスペースはありません。
中学校に新たに施設整備をするとなると1校につき5億円、19校あるので合計95億円、センター方式でも1施設につき20億円、2つ造る計算になるので40億円必要です。
それプラス配膳室、エレベーターの設置で1校につき7億円と試算されているため、自校方式にすると229億、センター方式でも135億必要になります。これについて、「コストはさておき、やるべきだ」と主張した委員もいました。まったくもって理解できません。
現在の弁当併用外注方式は、平成16年に学校長、教職員などの学校関係者、学識経験者、父母代表の答申を受けて、家庭からもってくるかランチボックスかの弁当併用外注方式で実施すると決めたものです。
あれから13年が経過し、確かに喫食率は低いです。だいたい15%という数字になっています。ここは改善しなければなりません。
しかし、その解決方法が100%給食の実施であるとは到底思えません。今回の請願はそれを求めるものでした。
リンクのアンケートからも、今現在の選択制がいいと結果が出ています。そして課題として抽出できるのは、申し込み方法、申し込み期限、喫食率の低さから頼みづらい、ということが明らかになっています。
先日行われた一般質問にて、この申し込み方法の改善を提案しました。都内、都外を含めた近隣市で実際に利用されているネットやスマホから1日単位で注文できるシステムの導入です。コストは2000万円~4000万円とでています。不便を解消して「本当は利用したかった」という人たちが使えるようになれば、多様なライフスタイルに応えられる町田になるのではないかと考えています。
100%給食にして欲しいという請願は継続審査という判断、来年2月に改選を迎えるため、このまま廃案になります。
わたしは今の方式を継続しつつ、より便利な、そして美味しい中学校給食になるよう、引き続き行動をしてまいります。
1
2
3
4
5
6
7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

事務所が決まりました!

ようやく事務所が決まりました。
町田市森野1-32-13新光森野ビル2階
小田急町田駅から新宿方面へ、
最初の踏切を左に曲がった道沿い、
栄通り中央の交差点の手前、
「魚河岸美船」のビルの2階です。

本契約はこれからです。
12月15日から2月末までですが、
ここを拠点に活動開始です!
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 8日 (金)

任期最後の一般質問より 縦割り行政について

9

今期定例会の一般質問にて、
私の前回選挙時の公約であった
「観るスポーツ、するスポーツの環境充実」の
成果を聞く質問と、町田一中の建て替えに伴う
校庭が使えなくなる件を質問しました。

この2つの質問が正にタイトルに繋がります。

スポーツの方ではいい成果が出ており
特に学校の体育館を利用した「クラブハウス」は
延べ8万人の方が利用をしています。

町田一中の校庭が使えなくなる件については
すぐ近くにある「シバヒロ」という
天然芝の市庁舎跡地が活用できないか
提案するものでしたが、
体育の授業はバスに乗って
「後田グラウンド」というところまで移動し
行うということです。

開始後の雨天時の対策や更衣室、
トイレの整備も含めて
グラウンドの敷地内に10m幅の建物を
建てる計画になっているのですが
そのグラウンドは地域開放されていて
サッカーの予選大会が行われていました。

もともとコートが丁度入る大きさであったため
10m取られるとその予選大会が
開催できなくなることがわかりました。

質問前の打ち合わせの段階で驚いたのが
担当者から出た言葉でした。
「もともとは学校用地ですから、
 建物は恒久的に使います。
 私どもとしては一中の生徒が
 体育ができるように整備をするわけで
 地域の方には整備された環境で
 お使いいただきたいと考えている」と。

そのことを文化スポーツ振興課に聞くと
驚いた様子で「すぐに確認します!」と
教育委員会の担当に連絡をされたそうです。

方や「スポーツ振興」として
するスポーツを推進する部がありながら
その場所をどのような方たちが
どのように利用しているかも調べず
「粛々と自分たちのミッションをやるだけ
 あとのことは知りません」という態度に
久しぶりに腹が立ちました。

その後、答弁調整でも担当は
「私どもとしては一中の生徒が・・・」と
変わらず言い続けるので、わたしは
「それでどうぞ。本会議場で
 これが正に縦割り行政だと
 指摘するだけです。」と言い
本会議場でもそのままとなりました。

12月定例会の一般質問、午前中は
4月に入った新入職員の皆さんが
8か月働いて現場も見えてきたこの時期に
順番に議会傍聴をするという時でしたので
その若い職員の皆さんに向かって
「今回の件は行政の在り方として正しいのか
 自分の部署のことだけを考えるのではなく
 他に影響が出るものについては
 その部署ともしっかり話し合い、
 市民の皆様へのサービスをどうするのか
 その観点を忘れずに仕事をして欲しい」
と付け加え、質問を締めくくりました。

フェイスブックでは
「それを放置した議員の責任です」という
ご指摘もいただきました。
本当にその通りです。

自戒の念も込めつつではありますが
今回の質問、本会議場で訴えた私の言葉を
多くの職員の皆さんがしっかり受け止め
仕事をしていただくことを切に願うものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

第4回定例会、そして来年2月に向けての準備状況

Dp2z9xpuqaauyhb

町田市議会第4回定例会初日です。


議会運営委員会が開催されその報告を受けた後、

早めに昼食をとり昼休憩の時間は

請願書を出したい方の対応や一般質問の調整など。


同時平行でやらなければならない

来年に向けての準備は遅れています。

頑張らないと。


ポスターも前回の書き込みから増えたのは3枚程度。

まだまだ貼れる場所を探しています!

事務所もまだ見つかっていません。


物件も探しつつ、原稿も作りつつ、

ポスター貼れる場所も探しつつ

12月議会の対応もありつつという状況。

何とか乗り越えて体制を確立したいと思っています。


皆様のご支援、どうかよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月29日 (水)

殺処分ゼロに有効な手段はやはり

私が提案したことが政令市など大きな自治体で
活用されていることが記事になっていました。

殺処分ゼロはボランティアの皆様の活動に
支えられているのが現状です。
もっとしっかりとした支援をするために、
やはり「ふるさと納税」の活用は有効です。

こちらの記事をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«4期目最後の一般質問通告